HTMLのCanvasに黄金三角形を再帰的に描く

HTMLのCanvasに再帰的に黄金三角形を描く

今回は、HTMLのCanvasに、再帰的に黄金三角形を描きます。一辺を黄金比率で分けて細分化していくのがコツです。

HTMLのCanvasに黄金三角形を再帰的に描く : デモ

HTMLのCanvasに黄金三角形を再帰的に描く : ZIPファイル(6kb)

HTMLのCanvasに再帰的に黄金三角形を描くための図

1.HTML

<!doctype html> <!-- 標準モードでWebページをレンダリング -->
<html lang="ja"> <!-- 言語指定付きのhtml要素 -->
	<head> <!-- ヘッダーの指定 HTMLページの生成に必要な情報を記述 -->
		<meta charset="UTF-8"> <!-- Web上の文字エンコーディングの指定 -->
		<title>HTMLのCanvasに再帰的に黄金三角形を描く</title> <!-- ブラウザの上部ウィンドウのバーに表示されるタイトル -->
        <link href="css/base.css" rel="stylesheet" type="text/css"> <!-- cssファイル(デザインの仕様)の読み込み -->
		<script src="js/base.js"></script> <!-- JavaScriptファイル(制御の仕様)の読み込み -->
	</head>

    <body> <!-- HTMLページのメインコンテンツを示す要素 -->
        <canvas id = "viewArea" width = "275" height = "275"></canvas> <!-- 描画領域 -->
    </body>
</html>

2.CSS

@charset "UTF-8";

body /* bodyのデザイン */
{
	margin:0; /* borderより外側の余白は0 */
	padding:0; /* borderより内側の余白は0 */
	background-color: #fff; /* 背景色は白 */ 
	-webkit-transform:translateZ(0px); /* GPUの機能を使う */
}

#viewArea /* id名「viewArea」が付いたCanvas要素(タグ)のデザイン */
{
	position: absolute; /* 配置方法は絶対値 */
	top: 10px; /* Webのページの上から10ピクセルの位置 */
	left: 10px; /* Webのページの左から10ピクセルの位置 */
	width: 275px; /* 幅は275ピクセル */
	height: 275px; /* 高さは275ピクセル */
	border: 1px solid #000; /* 線は1ピクセルの太さで、実線、色は黒。上下左右に引く */
}

3.JavaScript

window.addEventListener("load", init, false);

function init()
{
	//変数の定義
	var centerX = 0,
	centerY = 0,
	ctx = null,
	theCanvas = null,
	points = [], //線を描くためのx値とy値のための配列
	dis = 200, //図形の中心位置(o)から各点までの位置の距離
	degs = [72, 108], //図形の中心位置(o)からの各点の角度
	fai = dis / ((1 + Math.sqrt(5)) / 2); //黄金比率
	console.log(fai);
	
	//MVCデザインパターンの宣言
	function View(){}; //外観の処理を行うオブジェクトのグループ
	//function Controller(){}; //インタラクティブな制御を行なうオブジェクトのグループ(今回は使いません)
	function Model(){}; //ロジックの処理を行うオブジェクトのグループ
	
	//視覚の処理を行うオブジェクトのグループ
	View =
	{
		//空のinit関数を作る
		init : function()
		{
				
		}
	}
	
	//Viewの中の関数(init)にプロトタイプの変数や関数を定義します
	//プロトタイプには、インスタンスで使う共有の関数や変数を設定します
	View.init.prototype.draw = function()
	{
		var length = points.length; //配列の総数を変数に入れる

		//グラフィックの描画関数
		ctx.strokeStyle = "#000000"; //線のカラー設定
		ctx.lineWidth = 1; //線の太さ
		ctx.beginPath(); //パスの描画を始める

		//1つめの黄金三角形
		ctx.moveTo(centerX + points[0].x, centerY + points[0].y); //線の開始位置 (xの座標値 , yの座標値)

		for (var i = 1; i < points.length; i++) //配列がなくなるまで、線を引く処理を続ける
		{
			ctx.lineTo(centerX + points[i].x, centerY + points[i].y); //配列から順番にx値とy値を取り出し、線を結ぶ
		}

		ctx.lineTo(centerX + points[0].x, centerY + points[0].y);
		
		//2つめの黄金三角形
		fai = fai / ((1 + Math.sqrt(5)) / 2);
		x = Math.cos(288 * Math.PI / 180) * fai + points[2].x,
		y = Math.sin(288 * Math.PI / 180) * fai + points[2].y,
		_x = x,
		_y = y;

		ctx.moveTo(centerX + x, centerY + y);
		ctx.lineTo(centerX + points[1].x, centerY + points[1].y);
		
		//3つめの黄金三角形
		fai = fai / ((1 + Math.sqrt(5)) / 2);
		x = Math.cos(36 * Math.PI / 180) * fai + x;
		y = Math.sin(36 * Math.PI / 180) * fai + y;
		var _x2 = x;
		var _y2 = y;
		ctx.moveTo(centerX + x, centerY + y);
		ctx.lineTo(centerX + points[2].x, centerY + points[2].y);
		
		//4つめの黄金三角形
		fai = fai / ((1 + Math.sqrt(5)) / 2);
		x = Math.cos(144 * Math.PI / 180) * fai + x;
		y = Math.sin(144 * Math.PI / 180) * fai + y;
		var _x3 = x;
		var _y3 = y;
		ctx.moveTo(centerX + x, centerY + y);
		ctx.lineTo(centerX + _x, centerY + _y);
		
		//5つめの黄金三角形
		fai = fai / ((1 + Math.sqrt(5)) / 2);
		x = Math.cos(-108 * Math.PI / 180) * fai + _x3;
		y = Math.sin(-108 * Math.PI / 180) * fai + _y3;
		ctx.moveTo(centerX + _x2, centerY + _y2);
		ctx.lineTo(centerX + x, centerY + y);
		
		ctx.stroke(); //線の終了
	}
	
	//ロジックの処理を行うオブジェクトのグループ
	Model = 
	{
		//空のinit関数を作る
		init: function()
		{

		}
	}
			
	//Modelの中の関数(init)にプロトタイプの変数や関数を定義します
	//プロトタイプには、インスタンスで使う共有の関数や変数を設定します
	Model.init.prototype.ready = function()
	{
		//Canvasのエレメント要素を変数に代入する
		theCanvas = document.getElementById("viewArea");

		//Canvasタグで2次元描画を行ないます
		ctx = theCanvas.getContext("2d");
		
		//Canvasの中心座標を取得
		//centerX: Canvasタグの横幅の1/2を取得
		var offsetX = (theCanvas.currentStyle || document.defaultView.getComputedStyle(theCanvas,'')).width;
		offsetX = Number(offsetX.replace('px',''));
		centerX =  offsetX / 2;
		
		//centerY: Canvasタグの高さの1/2を取得
		var offsetY = (theCanvas.currentStyle || document.defaultView.getComputedStyle(theCanvas,'')).height;
		offsetY = Number(offsetY.replace('px',''));
		centerY =  offsetY / 2;

		points[0]={x:0, y:-100};
		points[1]={x:Math.cos(degs[0] * Math.PI / 180) * dis, y:Math.sin(degs[0] * Math.PI / 180) * dis - 100};
		points[2]={x:Math.cos(degs[1] * Math.PI / 180) * dis, y:Math.sin(degs[1] * Math.PI / 180) * dis - 100};
	}
	
	//Modelの中のInit関数のインスタンスを生成
	var model = new Model.init();
	//Model関数のプロトタイプにあるready関数を呼び出します
	model.ready();
	
	//Viewの中のInit関数のインスタンスを生成
	var view = new View.init();
	//View関数のプロトタイプにあるdraw関数を呼び出します
	view.draw();
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です