プログラミングとイラストレーション » FlashLite1.1 擬似配列のソート(昇順)
プログラミングとイラストレーション > FlashLite1.1 > FlashLite1.1 擬似配列のソート(昇順)

FlashLite1.1 擬似配列のソート(昇順)

ActionScript1.0

FlashLite1.1で、擬似配列をソート(昇順)するプログラムコードです。

//擬似配列に値を代入
for(i=1; i<=10; i++)
{
	set("card" add i, i);
}

//擬似配列のシャッフル
for(i=0; i<5; i++)
{
	ran1 = random(10)+1;
	ran2 = random(10)+1;
	card = eval("card" add ran1);
	set("card" add ran1, eval("sample" add ran2));
	set("card" add ran2, card);
}

//小さい順に並べ替え(昇順のソート)
for(i=1; i<10; i++)
{
	cardA = ("card" add i);
	for(j=i+1; j<=10; j++)
	{
		cardB = ("card" add j);
		if(eval(cardA) > eval(cardB))
		{
			card = eval(cardA);
			set("card" add i, eval(cardB));
			set("card" add j, card);
		}
	}
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://www.htmlcode.jp/flashlite1-1-%e6%93%ac%e4%bc%bc%e9%85%8d%e5%88%97%e3%81%ae%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%88%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e9%a0%86%ef%bc%89/trackback/